Garmin Edge 500 のここがイヤ!

去年のお正月セールで買った Garmin Edge 500 を使い始めて 1年になります。今までのサイコンと比較すると概ね気に入っており、私にとっては市販されているものの中では今でもこれがベストです。*1
じゃあ何も不満がないかというと使っていくうちに気に入らないというかイヤな点がいつくか出てきたのでちょっと書いてみようと思います。

起動時のGPS の測位が遅い

この寒い時期、乗り始めは Edge 500 の電源を入れてさくっと出発したいところですが、GPS の測位のプログレスバーが "Locating Satellites..." と表示してのんびりのんびりと進み、とても時間がかかります。もちろん気にせずにスタートしてもいいのですが、そうするときちんとレコードされない気がするので一応バーが 100% になるまで待つようにしています。
10〜20秒程度なら良いのですが、ひどいときは 3〜4分以上かかるときもあり、そういったときがゲージが進んだり戻ったりとイライラさせられます。

走り始めは距離がリアルタイムに動かない

GPS がまともに動いていないのでしょうか、走り始めは距離が 0m からまったく進みません。その時々によって微妙に異なりますが、例えば 500m 程走ってからようやく 200m とかに急にあがり、その後 1km 位走るとまた急に600m と表示され、2〜3km 走るとようやく正常にリアルタイムに距離が加算されるようになります。
買った当初はこんな症状はなかったはず。いつ頃からこうなってしまったのかは覚えていないけど、かなり以前からだと思う。GPS が安定しないのであればホイールセンサーで代用するなどの仕組みが出来ないものでしょうか。
これら2つのまったく同じ不満を同僚の Yuuki も言っていたので、少なくとも私だけが感じていることではなさそうです。Edge 500 ユーザーの皆さん、いかがでしょうか?
Garmin さん、ファームウェアのアップデートでこの辺りの改善をして頂けると、とっても幸せでございます。:-)

*1:Edge 800 も良さそうですね